動画SEOレポート! 出始めると凄い!の第四弾レポートです。

先日お伝えした「マンション管理士資格」のテスト結果の続報です。

トップページへの表示には投稿後日かかりましたが、日々順位を上げてきましたが、今日確認したら動画の表示が増えていました。

多いものでは、トップ頁に5本でています。

サムネールが5個あるのはそれなりにインパクトがありますね。

キーワードと順位です。

●「マンション管理士 受験 対策」

11/29日
約366,000件中 9位

11/30日
約470,000件中 7位 8位

12/2日
約428,000件中 5位 6位 7位

12/3日
約489,000件中 4位 5位 6位 7位

12/4日
約511,000件中 4位 5位 6位 7位

●「マンション管理士 受験 直前対策」

11/29日
約72,200件中 10位

11/30日
約72,000件中 3位

12/2日
約76,500件中 3位 4位 5位

12/3日
約77,800件中 3位 4位 5位 6位

12/4日
約81,300件中 3位 4位 5位 6位 7位

●「マンション管理士資格 受験 対策」

11/29日
約299,000件中 7位 8位

11/30日
約412,000件中 3位 4位

12/2日
約414,000件中 2位 3位 4位

12/3日
約414,000件中 1位 2位 3位

12/4日
約635,000件中 1位 2位 3位 4位

●「マンション管理士資格 受験 直前対策」

11/29日
約49,300件中 7位 8位

11/30日
約48,600件中 2位

12/2日
約50,900件中 1位 2位

12/3日
約51,500件中 1位 2位 3位

12/4日
約55,900件中 1位 2位 3位

今日も、資格系の覇者「LEC東京リーガルマインド」や「資格の大原」を抑えての上位表示です。

マンション管理士資格系はもっと厳しいかと思っていましたが、やはり出始めると凄いのが動画SEOですね。

動画SEOレポート 今日の第二弾! 動画マーケティング

動画マーケティング関連のキーワードで。
 
6日前にアップの動画の結果です。

「動画マーケティング 講座」

約1,500,000件 3位 4位

「動画マーケティング 入門」

ゼロ

「動画マーケティング 基礎」

約1,410,000件 1位 2位
 
ブログが5位 6位 7位
 
ネット活用塾のサイトが10位

「動画マーケティング SEO」

約1,120,000件 ネット活用塾の別サイトが10位

「動画SEO」

約6,860,000件 9位(9/26日アップの動画)

 
複合キーワードの場合、組み合わせ方がデリケートです。
 
そのため、タイトル候補の数が多くなります。
 
なので、コンテンツも大量生産ということですね。
 
でも、これってロングテールSEOの基本ですから、実行あるのみですね。

動画SEOレポート! 出始めると凄い!「マンション管理士 受験 対策」

昨日お伝えした「マンション管理士資格」のテスト結果です。
 
トップページへの表示に4日かかりましたが、今日見るともっと上位に出ています。
 

キーワードと順位です。
 

「マンション管理士 受験 対策」

11/29日
約366,000件中 9位
 
11/30日
約470,000件中 7位 8位

「マンション管理士 受験 直前対策」

11/29日
約72,200件中 10位
 
11/30日
約72,000件中 3位

「マンション管理士資格 受験 対策」

11/29日
約299,000件中 7位 8位
 
11/30日
約412,000件中 3位 4位

「マンション管理士資格 受験 直前対策」

11/29日
約49,300件中 7位 8位
 
11/30日
約48,600件中 2位
 

出始めると凄いのが動画SEOですね。

ネット活用術(無料講座)開講中!(7)大事なのことはデータを見ること

旅館経営者なら知らないと損するネット活用術(無料講座)開講中!(7)大事なのことはデータを見ること
 

 

7日間の講座で7日目は
 
(7)大事なのことはデータを見ること
 
ホームページを開設する、ブログを書く、ツイッターでつぶやく、フェイスブックに参加すといったことがネット利用では当たり前のよういわれていますが、そこまでは誰でもやることなのです。

 
問題はその先です。

 
例えば、ホームページのアクセスデータを見たら、ある日アクセスが増えていた。
 

何故だろうかと考えた。
 

そういえばその前日にツイッターでつぶやく回数がいつもより多かった。
 

ということがあれば、ツイッターのつぶやき回数とアクセス数の増加には相関関係があるという仮説を立てることができます。

 
ソーシャルを頻繁に使う方のホームページのデータを見ると、どのソーシャルメディアからの流入が多いかが分ります。
 

また、それぞれのアクセス者が見ているコンテンツも分ります。
 

ソーシャルに流した情報との関係性を探ることもできるということです。
 

であれば、どんな情報を発信すれば、アクセスを増やせるのかという方法を見つけることも可能だということです。
 

【ビジネスでインターネットを使う際の注意】
 
●ポイント1:インターネット活用の目的を明確にする
 
○集客⇒見込み客の獲得か?
 
「いますぐ客」か「そのうち客」か?
 

○パンフレット代わりか?
 

どちらにしても専門性を明確に打ち出す必要がある。

 
●ポイント2:客観視するためにデータを読む
 
※特にアクセス解析(グーグルアナリティクス)
 

サイト運営上最も重要なことの一つに、ホームページへのアクセスに関するデータ収集と解析があります。

 
皆さんは、ご自身で運営されているホームページへの訪問者がどんな人たちか想像したことはありますか?
 

そのためのデータを収集するのがアクセス解析といわれるサービスです。
 

アクセス解析とは、ウェブサイトの運営者が閲覧者の環境・特性などを調査すること、またはその機能のことです。

 
アクセス解析で得られたデータにより、訪問者のネット環境や検索キーワード、ホームページ内での訪問者の動向やその傾向を把握することができます。
 
そして、そのデータを活用することで、訪問者にとって最適なホームページデザインに改善することができますし、コンテンツごとのデータを解析することによって、ホームページ内のコンテンツの人気・不人気を把握することにも役立ちます。
 

アクセス解析を導入することにより、ユーザーの視線の集中箇所を把握し、広告枠設置場所を見出すことができたとか、また、利用者の利用傾向を把握し、ホームページ内での人気ワードを調べ、アクセスを向上させることができたという事例もたくさんあります。
 

またキーワード分析をもとに、SEO対策を考慮したページ改善、ホームページ内での商品説明や情報の見せ方などの改善も可能になります。

 
旅館経営者なら知らないと損するネット活用術無料講座の詳しい情報は

⇒ http://onsen-ken.jp/?page_id=1229

 

有料版はこちらから(全12回で解説動画・PDF本が付いています)

⇒ http://onsen-ken.jp/?page_id=1250

ネット活用術(無料講座)開講中!(6)グーグルが無料で提供しているツール

旅館経営者なら知らないと損するネット活用術(無料講座)開講中!(6)グーグルが無料で提供しているツール
 

 

7日間の講座で6日目は
 
(6)グーグルが無料で提供しているツール
 
グーグルが無料で提供しているツールでキーワードに関するものがいくつかありますが、私は次の2つに分類しています。
 

・キーワードを見つけるツール
・キーワードを調整するツール

 
ここではキーワードを見つけるツールを見て行きましょう。
 

●グーグルトレンド
 
ネットユーザーの「興味」や「関心」の傾向が分かるのがグーグルトレンドです。
 
⇒ http://www.google.co.jp/trends/

 
これまでお話してきたように、グーグルの強みというのは世界のネットユーザーが入力する検索キーワード(クエリ)をほとんど集めていることです。

 
それによって、世界の人々の関心がどこにあり、何を求めているかが分かるのです。

 
グーグルはこのようにして集めたキーワードのデータを様々な形でネットユーザーに還元しています。
 

その一つがグーグルトレンドなのです。

 
では、グーグルトレンドで何が分るのでしょうか?
 

次のような項目について知ることができます。
 
1)季節商品・サービスの検索サイクル調査
2)商品・サービスの売れ筋地域調査
3)製品ライフサイクル調査
4)ブランド浸透度の競合比較調査

 
つまりマーケティングに使えるツールということです。
 

簡単に事例を上げます。
 
試しに「草津温泉」と入力してみてください。
 
まず2004年からの検索頻度のグラフが表示されます。
 
これで毎年何月によく検索されるかが分かります。
 
また検索される場所も表示されますが、群馬県が多いのことが分ります。
 
また時間の経過による検索場所の表示もされますので、季節によってどこから検索されているのかが分ります。
 
さらに、関連キーワードも表示されます。
 

これらのデータを読み取り、ホームページへアクセスを誘導をする際のキーワード設定に活用するのです。

 

●グーグルキーワードツール
 
実はこのツールは2013年8月頃から使えなくなりました。

 
グーグルが広告主のために設置したキーワードプランナーの導入でキーワードツールが廃止されました。
 

現状ではグーグルの広告サービスであるアドワーズのアカウントを持っていれば使えますが、そうでない場合は使えません。
 

しかし、これは便利なツールなので、広告を出稿しなくてもアドワーズのアカウントを取得して活用されることをお勧めします。

 
これによって分ることは、キーワードの検索頻度や、複合キーワードの組み合わせとその検索頻度などです。
 

キーワードを設定する時に、よくやる間違いがビッグキーワードを使ってしまうことです。

 
余談ですが、アマゾンの売り上げの80%は月に1冊売れるか売れないかというアイテムで成り立っているという話があります。
 

つまりロングテールでを狙っているのです。

 
実際にアマゾンで商品の検索をすると在庫はほんのわずかです。
 

つまり頻繁に売れるものではないからです。
 

ロングテールの考え方では、ニッチなキーワードを使ってアイテム数を増やすという方法をとりますが、これをサイトに置き換えるとニッチなキーワードを使ったページ数を増やすということです。
 

つまり、キーワードとコンテンツ(ページや動画など)の相関関係はとても重要だということです。
 

キーワードはスモールでニッチなものを使い、コンテンツを増やすことで、長い目で見れば隙間のキーワードでどんどん検索されることになるのです。
 

温泉研究会が旅館さん向けにご提供している動画を使った集客支援プロモーションは、まさにこの考え方がベースになっています。
 

★参考記事
 
⇒ https://support.google.com/adwords/answer/3141229?hl=ja

 
さらに、重要なことはアクセスのデータを読み取り、アクセスしてくる方の姿をイメージすることです。
 

その上で、そのイメージがご自分のターゲットと異なるようであれば、修正していくことが必要になります。

 
旅館経営者なら知らないと損するネット活用術無料講座の詳しい情報は

⇒ http://onsen-ken.jp/?page_id=1229

 

有料版はこちらから(全12回で解説動画・PDF本が付いています)

⇒ http://onsen-ken.jp/?page_id=1250

1 2 3 4 231

異なる「業」と「技」の融合 「金胎漆麦酒器」創作のコラボレーション

  • WordPressテーマTCD Free(無料)版
  • アメーバブログテンプレートTCD Free(無料)版
  • 接写に強いデジカメです!